本文へスキップ

回復食

回復食


ようこそ、回復食.comへ
当サイトでは、ファスティング(断食)で最も大切な回復食について、何を食べるべきか、また、何を食べてはいけないのかなど、回復食に関わる情報をご紹介しています。あなたのお役に立てると幸いです。

回復食に食べてはいけないものとは?

救急車あなたは回復食に食べてはいけないものをご存知ですか?

これはあなたの命に関わるとても重要な質問です。

もし、回復食について「知らない」とか「それほど重要とは思えない」と思っているようであれば、ダイエットのリバウンドや最悪の場合、命を落とすことになりかねません。

これは脅しではありません。真実です。

そこで、早速ですが、回復食として「口にしてはいけないもの」からご紹介したいと思います。

 アルコール類、コーヒー、天ぷらや唐揚げなどオイルを使った料理、バター、チーズ、卵、塩分の強いもの、ケーキや和菓子、アイスクリームなどの甘いもの、マヨネーズ、ドレッシング、落花生、牛肉、豚肉、魚、タバコ。

以上に挙げたものは回復食として口にしてはいけません。

断食後にこれらを口にすることで救急車に運ばれたり、死亡するという最悪の事態になったケースもあります。

また、回復食の後もできればしばらくは、これらを食べない方が、健康上望ましいです。



ネット通販で買える回復食

あれもダメ、これもダメ。

そうなると何を食べたらいいの?ということになってしまいますよね。

そこでご紹介したいのが、ネット通販でも買える回復食。

自分で回復食を作ると冷蔵庫にある他の食材に目がいってしまます。我慢できずに食べてしまった、となっては意味がありません。

そこで以下のような回復食を買って食べるというのもおすすめです。




回復食について

< 回復食は断食の中で最も重要 >

回復食でダイエット最近、人気なのが酵素ダイエット等ファスティング系のダイエットです。

ファスティングとは断食のことです。

ようは食事抜きのダイエットでしょ?と思いがちですが、実は違います。

これは単なるダイエットではなく、普段酷使している胃腸を休め、あなたの免疫力を高める、乱れた食生活で麻痺した舌の感覚をニュートラルな状態に戻す、食事のとり方を見直すなど、いろいろな意味があります。

しかし、このファスティング、軽く考えて行う方も多いようですが、中途半端な知識で行うと、リバウンドや最悪の場合は死に至ります。(1日2日のプチ断食ならそれほど心配する必要はありません。)


つまり、知識がなく行うファスティングは、せっかくの努力が逆効果になる場合もあるのです。

同じファスティングを行うなら最大の効果を得たい、そう思うなら、正しい回復食お知識を得ることはとても大切です。

また、ファスティングが有効な方とそうでない方がいます。内臓に重い病気を抱えている人や高齢者、若年者が3日以上のファスティングを行う場合は、必ず専門家のアドバイスを受けて行うようにした方が良いでしょう。

当サイトでは、安全にファスティングを行うために一番重要である「回復食」について触れていきたいとおもいます。


回復食とは何か?

赤ちゃんのような胃腸になるさて、回復食とは何でしょうか。

回復食とは、絶食後から通常の食事に戻るまでの食事のことです。

絶食した後のあなたの胃腸は、何も入っていない空っぽの胃腸。たとえるなら、生まれたての赤ちゃんの胃腸になっています。

そこで質問です。赤ちゃんにお酒を飲ませたり、唐辛子やニンニクなどの刺激物、焼肉や天ぷらなど油っこいものを食べさせるとどうなると思いますか?

そうです。体調を壊すのは間違いないでしょう。それどころか最悪の場合死に至ります。

そのため、ファスティングの後にすぐに普段通り食事をしてはいけません。

回復食を摂るのです。

赤ちゃんがミルクから普通の食事を食べられるようになるまでに離乳食を食べますが、それと似ているのが回復食です。

正しい回復食を行うことで、ファスティングは安全です。それどころか断食後に健康と美しさを手に入れることができます。そのため、回復食についてしっかりと理解しておくことは重要です。


回復食に食べると危険なものとは?

油物は危険安全なファスティングを行うためには回復食が大切です。

中には、食べ物は毒ではないから、と軽く考えている人もいます。しかし、断食後に救急車で運ばれたり、死亡したケースは、間違った回復食が原因といいますから、回復食を軽く考えすぎてはいけません。

先ほどもお話ししましたが、回復食に何を食べてはいけないものをもう一度ご紹介しますのでしっかりと頭に入れておきましょう。

食べてはいけないものは、
肉、魚、揚げ物、アルコール類、牛乳、チーズ、オイル、バター、マーガリン、落花生、塩分の強いもの、コーヒー、甘いもの、塩辛いもの、味の濃いものなどです。

どれぐらいの期間食べてはいけないのかというと、
絶食した日数分は最低でも食べてはいけません

たとえば、あなたが1日絶食した人場合は、絶食後最低1日食べてはいけません。もし、3日絶食しなら、絶食後、最低3日です。

回復食には何を食べれば良いか?


おかゆでは、回復食には何を食べると良いでしょうか?

回復食には、胃に負担をかけないように、柔らかいもので味の薄いものを食べるようにしましょう。具体的には、おかゆ、パン(バターやマーガリンは食べては行けません)、豆腐、野菜スープ、みそ汁などです。

この回復食はいつまで行えば良いでしょうか。それはあなたが絶食を行った同じ日数分必要です。たとえば、3日間のファスティングを行ったとすれば、回復食の期間も最低3日間は行うようにしましょう。


回復食の通販

最近では、回復食も通販で売られています。

誤って変なものを食べてしまうのが心配という人や、どんな回復食が良いのかわからない人に通販は大変便利です。


 大高酵素3600ml
+断食回復食セット3日分
断食回復食セット3日分




断食回復食セット7日分 ダイエットケア雑炊
発芽玄米入り



断食(ファスティング)に適した飲み物は?



参考書籍:北川八郎筆「断食の本」致知出版