本文へスキップ

ファスティング 準備

ファスティングの準備


ファスティング(断食)には準備が必要です。

「今日から断食、やるぞ」という方少しお待ちくださいませ、今まで沢山の量を召し上がっていた方が、いきなり食事を抜くと危険ですし、痩せはしません。

何事にも成功するためには準備が必要です。

ある日突然食べなくなると、かえって体が過剰反応して脂肪を蓄えてしまう恐れもございますし、髪の艶や肌が弱ってしまう事がございます。

キリスト教のレントの前には準備段階、七旬節というものがございます。カソリック系の風習ですが、私も節食をする際には準備をしてから、行っています。

具体的には、抜く物の順番を決めて、書きだしておくのです。

参考までに書きますと、最初に止めるのはお酒です。次は肉類の量を減らす、次は油脂、炭水化物です。

朝食のクロワッサンを固い黒パンに変えたり、シリアルに変えたりします。ご飯もりも半分にします。

中々難しいのはお菓子とカフェインですが、何か食べたくなったときのためにブドウ糖や、飴を用意して仕事用のデスクに置いたコップに詰めています。

ハーブティーもこの時期用意しますね。家でボトルに詰めておき、外ではそれを飲みます。

ここで、どうしても食べたくなったときの対処法をご紹介します。

それは、食べ物の誘惑の無い場所に退避するというものです。お腹が空くと、私はよく散歩に出かけます。お財布は持っていきません。自販機やコンビニで甘いジュースやお菓子を買ってしまう恐れがございますから。

家の冷蔵庫も母に厳しく申し渡していらないものを買わないようにしてもらっています。ごねた場合はにっこりと「血圧高いんでしょ」とぴしゃりとやります。