本文へスキップ

回復食おいしく食べる方法

回復食おいしく食べる方法

■回復食を美味しく食べる方法

回復食って、おかゆだの、野菜だの、お豆腐だの味がなさそうな物ばかり、「ファスティング(断食)やめようかなあ」という方もおいででしょう。

でも、あなたは、回復食を食べることが特別な楽しみになるはずです。

なぜならファスティング後に、あなたは、本当のお米や、お豆腐、お野菜のおいしさを知ることができるからです。

もし、普段の食事で味が濃いものを召し上がっておいでですと、舌の感覚が麻痺しており、素材本来の旨味が分からなくなっています。(大部分の人がそうです。)

しかし、ファスティング(断食)は、あなたの味覚を正常にもどすことができます。ファスティング後、きっとあなたは、お米やお野菜は味付けしなくても甘い、そして深い味がある、ということに気がつくことができるようになるでしょう。


■回復食を贅沢な食事にするコツ

回復食のような一見シンプルで味気のない料理でも贅沢な料理に替えるコツがあります。

私の家は食道楽(お金は殆どかけません)でして、豆腐は、私が週1回、昔ながらの製法の豆腐屋さんに、通って買って参ります。

豆の味が濃くて、お塩だけで頂けるお味です。

因みに塩もこだわって沖縄の海塩などを取り寄せています。

野菜は自宅で作れるものは作りとれたてを調理しております。

因みに畑はございません。自宅の庭です。

他に、姉の連れ合いのご実家もお野菜を作っていて送ってくださるので、それを調理します。

母方の祖父母が健在の頃は、お米を送ってもらっており、それで作ったおかゆは物足りないという感じにはなりませんでした。

お出汁用のおこぶやシイタケ、鰹節も高価ではないですが良いものを揃えております。醤油も、みりんもそうです。

このように、食材を吟味すれば、回復食は精神的にとても贅沢なお食事になりえます。

もしご自分でおつくりになるのならば、少し値がはっても良い素材をお使いになることをお勧めします。

あ、それから、あなたが自転車をもっておられるのなら、休日などに郊外をまわってみてはいかがでしょうか?郊外に行けば野菜の直売所があるはずです。市場にでない形の悪いけど美味しいものなどを格安で入手できます。