本文へスキップ

ファスティング

ファスティング

本格的なファスティング(断食)は、専門の指導者の元で行う事がお勧めです。

でも、どうしても自分でファスティング(断食)をしてみたいという方は、部分的な断食、プチファスティングをしてみる。
それで続けられそうでしたら、徐々に重い断食をしていくとよいでしょう。

では、早速そのプチファスティングのやり方ですが、あなたが「自分はこれを食べて太った」と思っておいでのものはございますか。

最初はそれを止めることから始めましょう。

参考までに私のプチファスティング体験談をご紹介しますと、私は、相当の呑兵衛ですが、お酒を止めています。

それからお肉類も油脂分の強いものはいただきません。

牛肉のアレルギーがある為と、普段からそういう食事に慣れておかないと、「断食と宗教」でも書いたレントの時期に、挫折してしまうためです。

後は服を着こなすために、筋肉をつけたいという鶏肉や豚肉のような「白い肉」を中心にしています。

不足したタンパク質は豆腐を食べ、油脂分はナッツで補っています。

お酒とお肉類を減らすだけで、随分と体重は落ちました。

日本人がお肉を沢山食べるようになったのはここ最近のことですから、食べ過ぎた方の中には消化ができず太りやすい体質になってしまう方も多いと言われています。

他にカットできるものはお菓子、甘いジュース、白いご飯やパンですね。

白ご飯やパンなどよりは、玄米や酵素ドリンクなどにすると腹持ちがよく、お通じも良くなります。

お茶碗を小ぶりのものにして、冷水やお湯で湯漬け飯にしていただくことも私は多いです。

「えーそんなの耐えられない」という方もおいででしょうが、慣れるとお肉や脂のない食卓でも違和感が無くなるものです。

私の体験から、辛いのは最初のうちだけなので、ぜひやってみてください。