本文へスキップ

回復食レシピ

回復食レシピ


■おいしい回復食のレシピ

回復食だっておいしい物を食べたい。いや、回復食だからこそおいしいものを食べたい。

そう思っていませんか?

そりゃそうですよね。我慢に我慢をした後ですから、おいしいものを食べたいに決まっています。

そこで、今回は私の手持ちのレシピの中から、おいしいのに簡単に作れるものをご紹介いたしましょう。

ただ、大変おおざっぱなので細かい量はご勘弁ください。

■とろろ昆布のお吸い物

最初はとろろ昆布のお吸い物。

普通はお醤油と、お湯だけで作るのですが、私は、出汁を作ってそれを注ぎます。

ずぼらなのでめんつゆを薄めて煮たて、そこに小さく切ったとろろ昆布を入れて火を止めます。

匂い消しにショウガを入れるのをお忘れなく。

■彩野菜の塩麹づけ

次は、彩野菜の塩麹づけ。

人参、大根を細切りにして、塩もみをして塩抜きをします。

昆布を切り、先に塩もみしておいた大根と合わせ、出汁とめんつゆ、塩麹をあわせて入れたボウルに入れて小皿で重石をして、ラップをして冷蔵庫に入れます。

味がなじむようにかきまぜて、つかったら汁けを飛ばして小鉢に盛ります。

サラダとしてもお漬物としても召し上がれるのでお勧めです。塩麹は素材を柔らかくしてくれるので、食べやすく好評でした。

■ほうじ茶と梅肉の粥

次は、ほうじ茶と梅肉の粥。最初にお米の量にあわせた、ほうじ茶を用意します。

お米は洗ってぬめりを取りましょう。

梅干しを叩いてペースト状にして昆布茶を混ぜておきます。

ほうじ茶でお米を辛抱強くことこと煮て、出来上がったら、上に梅肉をのせ、かきまぜながら頂きます。

さて、ここで、皆様何か気が付きませんでしたか。

そう。

私は油を一切使っていません。

動物性のものもめんつゆのかつおだしだけ。

何故かと申しますと油と動物食は弱った体に向かないからです。昆布茶はお出汁にもなるので1つ買っておくと便利ですよ。

回復食のレシピは沢山あり、インターネットで公開されています。

レパートリーを増やすには、クックパッドなどをご覧になって、自分好みのレシピを探されるとよいでしょう。